S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2009
d0139011_20503546.jpg


新年から、素敵なことばをみつけたので。

「みみっちいことをしないで、
 惜しげもなく、
 気前良く、
 際限なく、
 この世界のあらゆるものに、自分の心を映しなさい。
 そして心を与え続けなさい。」

高山なおみさんの「日々ごはん」という本に載っていた、
田口ランディさんの言葉。


さて、これから課題をやるけどきっと徹夜。
新年早々、徹夜。

やるぞ。
[PR]
# by eiko-na | 2009-01-08 20:51 |
2008
2008年、いろいろありました。

日々つのる、デザインを学びたい気持ちと
やっぱり今のまま会社にいたほうが良いのか?という気持ちと、
両方がせめぎあいながらスタートした一年でした。

結局会社を辞め、デザイン学校の夜間部の学生になりました。

学校での授業はどれも面白いものばかりでした。
けれど、毎日毎日出る課題が大変だったのも、事実。

日々課題に追われ、徹夜明けのまま、何度会社に行ったことか。
ふらふらになりながら、朝からリポビタンDを何度飲んだことか。

でも、そうやって過ごすうちに
前期の授業の終わりのほうから、何となく気持ちが変化してきました。


丁寧につくること。(妥協しないこと)
誰かのことを考えて作ること。


この二つがとても大事なことだと、ある時から思いました。

丁寧につくるというのは、
隅々まで思いやること。
隅々まで、自分の気持ちを届けるということです。

何かをデザインするとき、
誰かのために デザインしている と思います。
誰かをいつもポカーンと思い浮かべながら作業します。
具体的な誰かじゃないときもある。
まったく知らない空想の人物を思い浮かべながら、のときもある。


私は、「誰かのために」と思いながら何かを作ることが一番楽しいし、
自分にもっとも合ったやり方だと思うのです。


…などと、日々考えたり。


そうそう。
今年の重要な出来事と言えば、自分の名刺を作ったことです。
初めてのオリジナル名刺です。
自分の気持ちを込めたこの名刺は、
いろんな方に「良いね。」と可愛がってもらっています。
そう言われるたびに、そう言ってくれる方に心から感謝するし、
キュンとなるほど嬉しくなるのです。
憧れのデザイナーである葛西薫さんに
おこがましくも渡せたことも嬉しい思い出です。
(しかも「うん、きれいだね。」と言ってもらえて…本当に感激しました。)


この名刺は中村活字さんに作っていただきました。
活版印刷なので、職人さんが活字を一つ一つ拾って出来たものです。
職人さんの気持ちも入った、大切な名刺なのです。
この名刺を作ったときに、中村さんは
「うちで名刺を作ると、いろんな人と繫がるんだよ。」とおっしゃっていました。

その後、本当にいろんな方とこの名刺を通して、繫がれました。
中村さんのところで私の名刺を見た方が、
ずっと私の名刺を記憶していてくれて、その後たまたま出会ったり。
嬉しい出来事がたくさんありました。
自分の作ったものが誰かの記憶に残るだなんて素敵なことだと思います。

そんな経験をするほど、
やっぱり、自分の気持ちに正直に進んできて良かったし、
これからもこの道を進んでゆきたい。と強く思うのです。


2009年がどうなるかなんて、わかりませんが、
ああだ、こうだと言わずに素直な気持ちで進めたら良いです。




2009年がみなさんにとって良い年になりますように。

2008.12.31
[PR]
# by eiko-na | 2008-12-31 22:45 | ありがとう
先生
先生とご飯を食べに行った。
この学校の先生はよく生徒をご飯に誘ってくれる。

先生も楽しそうに話してくれるから
私たち生徒もとても楽しいし、嬉しい。

ほとんどの先生は、
普段はデザイナーとして働いているのだけど、
皆さん、「自分が今やっている仕事が楽しい」と言う。
そんな先生方を見るから
私たちも前向きに進んで行けるのだな。

素敵な先生ばかりで
恵まれているなあ、と何度も思う。

学校が本当に楽しい。
[PR]
# by eiko-na | 2008-12-13 00:53 | ありがとう
123
もう12月。
毎日がとても早い。
楽しいこともたくさんあるし、
ちくしょうと思うことも多々ある。
でも今のところは気持ちの振幅の差が小さい。
意識して気をつけている。
(落ち込んだり考え込むと、すぐに顔に出るので)

変なプライドとか見栄とかを
ばっさりと切り捨てたい。

もっともっと夢中で学びたい。
[PR]
# by eiko-na | 2008-12-04 01:13 | これから
なぞ。
ふと、パソコンのメールを整理していたら
2007年の5月に
「今日、映画を見たんですけどとってもつまらない映画でした。
1700円ぼったくられた気分です。
おまけに風邪っぽいし。
なにをしてもうまくいかない時もありますよね。」
というメールを送っていた。
なぜか、ほぼ日に。


よっぽどひどい映画だったのか。
[PR]
# by eiko-na | 2008-11-23 23:18 | なぜ
11.11-14
11日(火)
NHKの「爆笑学問」で
「生きてくうえで、大切なのは“うれしい”と言えること」
というようなことを太田さんが言っていた。
思わずメモしてしまう。

12日(水)
課題をまたもや朝までやる。
自分の納得できるところまで。
そうすれば、悔いがないからだ。

ボロボロになりながら、仕事を終えて学校に行く。
友達も徹夜だったようでお互いに疲れていた。

でもいい意味での徹夜だな、と思った。
終わらない終わらない、じゃなくて
もっとこうしたい、こうしたらもっとよくなるんじゃないか?
という延々とアイデアを求めるような徹夜だったから。

みんなの前で発表をしたのだけど、大体思っていたことを話せた。
みんなの意見も参考になったし、質問に答えるのもまた頭の違うところを使うので、面白い。

徹夜した友達と一緒に帰る。
そしてお互いに達成感を感じていた。素晴らしいな。笑
徹夜してでもやってよかったー!って。
嬉しい。


今日の先生のお言葉。
「こんなこと言っていいのかななんて思わないこと。
そう思うと何にも言えなくなってしまうから。
自分の意見を発言することで、こいつは信用できるなって会社に思われる。」

うむむ。


14日(金)
授業をそそくさと早めに抜け出し、飲み。
今まであまり話したことがなかった子とも話せて、
違う専攻の子とも話せてとっても楽しかった。

友達の、
「グラフィックは平面だけど、
 プロダクトは、3次元だから触った感じとかがわかる。
 ここにあるっていうことが、ちゃんと実感できるでしょう?」
とビールが入ったグラスを触りながら話していて
とっても、印象的だった。


あっというまに時間は過ぎ、
案の定、最寄り駅までの終電はなく、
とろとろと歩き、途中からタクシーで帰る。
タクシーの運転手さんがこれまたいいおじさんだった。
「助かりました。」と言って、タクシーを降りる。


家に帰って自分の中で友達が言った言葉を反芻してみた。
自分の中で何かヒントになるような言葉だ。
[PR]
# by eiko-na | 2008-11-21 01:48 | ひび
目が合っちゃったしりーず3
d0139011_1352775.jpg

ぺんぎん。

ぽつん。
[PR]
# by eiko-na | 2008-11-21 01:00 | カメラ
11.2-11.10
2日(土)

母、上京。
兄のうちで3人集まる。
とりあえず、ドトールでココアとブレンドをおみやげに持って行く。

兄は、今東京で働いているけど、地元に帰りたいらしいことを母づてに聞く。
そんな気持ちは全然知らなかったので、驚いた。
兄は兄で、自分の出来ることをしっかりやっているし、
今に十分満足していると思っていたけど。
少し複雑な気持ちになる。

私はたった一年で会社を辞めて、
東京へ再度飛び出してきたけれど
兄の目には一体どんなふうにうつったのだろう。
私が会社を辞めることを話した時、一番反対したのは兄だったけど。


4日(火)
写真の授業。
おじいちゃんから譲り受けた、一眼レフを使いながら。
いきなり一眼レフ(しかもフィルム)からスタートでどうなることやら。
まだ露出とか絞りとかがよくわからない。
回数を重ねるしかない。
精進だ。


6日(木)
会社でリンゴを3つむく。
どこの会社に入っても、なぜ私はいつもリンゴをむく役なのだろう。
普通にむいても、つまらないのでいかに早くむけるかに挑戦した。

よく、料理が得意そう、とかお菓子作ってそう、
とか言われるのだけど、正反対なのだ。
まったく苦手だ。
食べる方がよっぽど好きだ。
だからリンゴの皮も早くむけても、綺麗ではない。
そして、こんなに包丁を使ったのも何日ぶりだろう。

リンゴはとても美味しかった。


7日(金)
授業後、飲み。
久しぶりにいろんな魚を食べて満足。
やっぱり魚。


9日(日)
午前中課題。
パンを食べ、本屋で立ち読みをし、ユザワヤに行く。
ユザワヤの店員さんはいつも大変そうだ。
顔に「しんどい…」といつも書いてある。

帰ってとりあえず、昼寝する。
ちびまるこ、サザエさんを見ながら、ごはん。
テレビを消して、課題のつづき。
ああでもない、こうでもない。
朝4時に終わり、ぼんやりしながら眠る。


10日(月)
会社で、ひとつ、ひとつ仕事をする。
デザインを任された仕事があったけれど、何だかうまいこと行かなかった。
「相手がいる」ということをちゃんと考えないと。
でもでも。
やはりデザインはよくわからない。
何が正しいのか?
誰かが良くないと思っても、誰かが良いというかもしれないのに?
むずかしい。

お昼は山菜そば。
昔ながらのそばや。気取らなくていい感じ。


夜は授業。
何だか毎週月曜日は悶々としてしまう。
どうしてだろう。マイナス思考が強くなる。
授業中、何もかもが嫌になる。
こういう時の自分は、完全に閉じこもっている。

帰って梅酒をお湯で割って飲む。

やさぐれている。
[PR]
# by eiko-na | 2008-11-11 01:04 | ひび
目が合っちゃったしりーず2
やぎ。

上から目線。
かわいい。


d0139011_222084.jpg

[PR]
# by eiko-na | 2008-11-08 21:54 | カメラ
1027-1031
10月27日月曜日。
ずっと学校の課題をしていてどうしても上手く進まなかった。
朝までやっても、全然納得できるものが出来ない。
1時間だけ寝て、そのまま仕事へ行った。

お手本通り、やれば短時間で出来るし楽なのだろうけど、
自分の中で消化できずに作ることがとても嫌だったので、
その旨を先生に伝えようとした。
だけど、
私の説明がまったく下手で伝えられなかった。

帰りの電車で悶々とした気持ちになる。
悔しくて涙が出た。
ちくしょう、
という気持ちでいっぱいだった。


10月28日火曜日。
昨日感じたことをまた今日改めて考えてみたけれど、
やっぱり自分の考えは変わらなかった。


10月29日水曜日。
先生に自分の作ったものを見てもらう。
的確なアドバイスを頂き、月曜からのモヤモヤが晴れる。
「これを見ても、言いたいことが全然伝わらないよ」
と言われる。
今まではそう言われると、悔しさがこみあげてきたのだけど
全然そうならなかった。
この先生の言うことは信用できるからだ。
月曜の課題が何であんなに消化できなかったか、少しわかった。
先生の名言。「デザインは科学なんだよ。」

その後、すがすがしい気持ちで帰る。
外は寒くて、着実に冬が近づいているんだな、と思った。


10月30日木曜日。
母から救援物資が届く。
その中に何故か、「ひこにゃん」の新聞記事が入っていた。
ひこにゃんが好きな母はひこにゃんがテレビに出ると、
それをすかさずケータイで撮り、私に送りつけてくる。
「彦根城、行けばいいじゃん」と言うと、
「えー、いいよぉ。」と遠慮する。
本当に好きな人や憧れの人には、何故か会いたくないと思ってしまうけれど、
それと一緒なのだろうか。
よくわからない。

水曜の課題を朝からやる。
まずは資料集めから。
効率よく、ということはやっぱり大切なんだな、と思う。
それが今まで自分とは縁遠いものだったけど。
縁遠いからこそ、「のろくてもとろくても良いんだ!」と思っていたけれど。
効率よくやったら、また別のことに時間を使えるのだもんな。
当たり前だけど。
当たり前なんだけど。

授業が終わっての帰り道、何とも言えない気持ちになる。
自分がしっかり気持ちを持っていないと
すぐに誰かの行動の影響を受けてしまう。いけない。


10月31日金曜日。
ハンバーグ弁当が390円だった。
安さにびっくりして「うそっ」と思わず独り言を言ってしまう。

今日は絶対「こうするぞ」というルールを決めていたので、そのように行動する。
自分が学びたいことをちゃんと学ぶこと。
そう出来たので、満足。


嫌なことがあれば、そこを変えればいいし
嫌だなと思うことが自分ではどうにも変えられないものならば、
それ以外の部分を過ごしやすいものにすればいいんだなあ。
と思った10月でした。
[PR]
# by eiko-na | 2008-11-01 00:55 | ひび
遠回りして
この前、
「25歳の抱負は?」と聞かれて
「挑戦です。やったことのないことを何でもやってみたいです。」
と答えた。
ここ何年かの抱負はずっと挑戦である。
新年になって手帳に書く今年の目標ももうずっと変わっていない。

やってみなくちゃわからないし、はじまらない。

だから、
私はこの春に思い切って会社を辞めて、
再び東京に出て来て、
再び無職となり、
ずっと興味のあった夜間のデザイン学校に通い始めた。

前の会社を辞めるまでは、
「もし学校に受かったら昼間も実際のデザインの現場で働けたらいいけど、
イラストレーターもフォトショップ(デザイン事務所で働くには必須条件)も使えないし、そんな世の中甘くないよなあ。」
と思っていた。

でも、そんな私がデザイン事務所でバイトさせてもらえている。

きっと何とかなる。

そんなくらいの気持ちだけいつも持っていれば良いのだな。



--------------------------------
10月達成したこと。
・横浜トリエンナーレに行った
・シルクスクリーン教室に問い合わせをすませた。
・友達へのポストカードを作った。自分で気に入っている。


これから
・レタリング
・節約。エンゲル係数をどうにかする。高すぎる。
・必ず考える時間を取る。
・ホームページについてぼんやりする。

明日
・東京の知らない街へゆく。
[PR]
# by eiko-na | 2008-10-18 01:49 | これから
mi na
d0139011_2375841.jpg

きょうは電車の中で、
皆川さんの「ミナを着て旅に出よう」を読んだ。
文章がゆっくりゆっくりと入ってくる。
満員電車の中で、心穏やかになる。

“自分のやりたいことを、自分のペースでやっていって、
それが世の中に受け入れられるかどうかはわからないけれど、
そっちを追求した方が僕にとってはいいんじゃないか、そう思いました。”

という文がとても心に残った。

最近、少し自分のペースが崩れていた気がする。
いろんなことに惑わされていた。
もちろん、それは自分の意志の弱さのせいで。

「自分のペースで」進むことは難しい。
自分なりのルールがなくてはいけない。
ルールというか、「絶対にこれだけは曲げないぞ」というものをもつこと。
「これだけはしないぞ」でもいい。
それを守りながら進むこと。だ。


また、良い本と出会えた。
本は、
思いもよらない、でも絶妙なタイミングで、
必要なことを教えてくれる。
[PR]
# by eiko-na | 2008-10-14 22:53 |
25
1日。

区切りのいい日に生まれたもんだと、自分でも思います。
元旦には負けますが。
24歳の終わりも
25歳の始まりも、
どちらも素晴らしい日でした。
ばんざい。


ひとまず、今月やること。
・シルクスクリーンを始める
・来週、旅に出る(もちろん、一人旅)行き先は気分次第。
・名刺を渡す
・冊子を作る
・横浜トリエンナーレ
・自分のホームページをつくる(気長に)


本日、仕事がお休みなため、
チャリに乗って蒲田まで行く。
タイヤに空気が全然入っていなかったので
途中で、見知らぬ自転車やさんに空気入れをかしてもらった。
タダでかしてくれた。


ユザワヤに寄り、
帰りに納豆巻きとお味噌汁と珈琲ゼリーを買って帰った。

なんてことない一日が、
どれほどありがたいことか。
[PR]
# by eiko-na | 2008-10-03 15:01 | ひび
重なり
きのう、学長のお話を聞きに行きました。
想像以上に、ぶっとんだお方。
「あのさあ、おまえたち、いいか?」
なんて話し方で、
学長なんていっても全然堅苦しくなくて、
一人一人に話しかけるような語り方がとても素敵だった。

「いつまでも青っぽくいなさい。」とか、
「デザインするということは、“時間”をデザインすることなんだ。」とか、
「人間は機能で生きていない。
 人間は儚いし、弱いし、寂しいものだから。」
とか。
心に響く言葉ばかり。

やはり、この学校に入って学べているということは、かなり幸せなことです。


ここのところ、
いろんな先輩デザイナーさんのお話を聞いています。
そこで共通するのは、
皆さん偉ぶったりせず(どんなに有名であれ)、
対等に話してくれる方ばかりだという事です。
みなさんがおっしゃることも何だか共通しています。

変に目立とうとするのではなく、
ふつうのことや
人間らしさを大切にすること。

やはり、良いデザインをされている方こそ
謙虚であり低い視線で物を見る事ができるのでしょうか。



帰りに、
ギャラリーに展示中の友達の作品を見に行ったり
(自分も自分でどんどん進まなきゃ。と思う)、
その帰りにカニクリームコロッケ定食(+納豆をつけて大満足)を食べながら
これからのこと、今のことを話したり。

当たり前なのだけど、
友達ひとりひとりに自分の世界があって、
みんなその中で必死に生きていて、

その世界が、
学校という場を通して
お互いに重なったり交わったりしているのだな。


なんだか、良い一日だった。



ここのところ、すごく秋っぽい。
秋は空気からして切ない。
家を出たとたんに、切なくなるのだ。

長袖を出さなきゃ。
[PR]
# by eiko-na | 2008-09-28 19:39 | ありがとう
ノスタルジック
d0139011_22591568.jpg


先週、会社に行く時に歩きながら泣いた。

駅のホームの人混みや、
道を歩く人のスピード。


なんでこんなセカセカしないといけないのだろう?
と考えた瞬間泣けてきた。

何かを、落としているような気になってしょうがない。
何かを見過ごしている気がして、しょうがない。

まいにち毎日せかされていて、
一日が終わる時にぷはーっとやっと呼吸できるような感じだ。


あまりにも気持ちが限界になったので、三連休に実家に帰った。


実家に帰ると、
土間のところにちょうど夕日が差し掛かっていた。
もう、
それを見るだけで泣けた。

なんて美しいのだろう。
なんて幸せな風景なんだろう。

こういう日常の些細なことに
なんとなしに気付かされながら生きてゆくのが、
正しいことのような気がした。


東京は、大きい仕事が出来るし選択の幅も広い。
けれど。
あっというまに流されてしまう場所だ。




------------------------------------------
ごはんに納豆。
食べる時に
「ああ幸せだー!!!」と思うことも、
やっぱり大切で、
それが知らずのうちに、
気持ちも健康にしてくれるのでしょう。

というわけで3食連続で納豆を食べた。

納豆が好きだ。
[PR]
# by eiko-na | 2008-09-15 23:35 | ひび
食べる方が好き
朝起きてから、どうにもこうにも
お腹が空いてしょうがないので朝マックしてから出掛けた。

どこかに朝食を食べに行くという行為が贅沢で浮かれてしまう。

でも。
慣れないことはするものではない。
一日のリズムがなんとなく崩れてしまい、
一日中変な感じだった。
仕事もミスするし。(いつもだけど)

というわけで帰りに明日の朝のための食パンを買って帰った。
それと、水菜を買った…
つもりだったのだが、
夕ご飯に作ったパスタの上にのせようとしたら、
どうにもお吸い物臭い香りがするので
よく考えてみたら、
三つ葉だった。
まぎらわしいな。

d0139011_22143628.jpg

パスタというか、焼きそばに近いごはんでした。
キャベツと豚肉を適当に切って
茹でた麺と炒めて、
適当に醤油とか塩を入れておわりです。


味覚がするどい人に出したら怒られそうな一品です。
[PR]
# by eiko-na | 2008-09-08 22:23 | 作りもの
ぽーん
d0139011_22512615.jpg

銀座へゆき、
「DESIGN BUSSAN NIPPON」展を見た。

見終わったあと、
ほんのり優しい、やわらかい気分になれた。
伝統工芸品だったり、昔からあるものって
温かみがある。
だから、信用できる気がする。


昔からあるものの良さや、
地方ならではの良さ。
それをきちんと残していけるように、
些細なことでも何かできないのだろうか?

ずっとそんなことが頭の中をぐるぐるとしている。


----------------------------------------------
夏休み、
ポストカードとかいろいろ作ってみています。
やっぱり作っているときが、楽しい。
まだまだ作る。
[PR]
# by eiko-na | 2008-08-31 23:38 | 作りもの
吐く
ひさびさに吐いた。
そしたら今度は熱が出た。
だるだるの体のまま、仕事へ。

思い返してみたら先週は怒濤だった。
毎日がキュウキュウに詰まっていた。

もすこしゆっくり生きなければだめだな。


-----------------------------------
週末のひとこま。

ボランティアをしていました。
手や足で直接描いたものは、なんか心に響きます。
d0139011_20495169.jpg

[PR]
# by eiko-na | 2008-08-25 20:56 | ありがとう
目が合っちゃったしりーず1
d0139011_2231812.jpg

出来上がった写真をパラパラ見てて、
この写真が出てきたとき和みました。

いい表情をしておられます。

目を開けたまま寝ているか、
もしくは固まっているようです。(ずっと動かなかった)
[PR]
# by eiko-na | 2008-08-21 22:34 | カメラ
紛れる
帰り道いろいろと考える。

自分に適した仕事を見つけるのは難しいのかもしれないけど。
これだって思う、その時の判断基準は
妥協じゃなくて、
満足度なのだな。
などなど。


今日はミスをしたので
明日がとても憂鬱です。

自分のしたことは自分に返ってくるという、
「そりゃそうだろ。」と言いたい程のシンプルな仕組みに、
良くも悪くも揺さぶられているこのごろです。




揺さぶられすぎたので、友達に電話してみた。
学校(今は夏休み中なのです)を思い出してじーんとなる。
夏休みがあけるのが待ち遠しい。夏休みは嬉しいんだけど。

やっぱり、
一日の終わりは学校が相応しくて
友達とのたわいもないおしゃべりが
他の憂鬱を紛らわしてくれるのだ。


うずうずする。
[PR]
# by eiko-na | 2008-08-19 23:48 | ひび